弁護士紹介

当事務所の弁護士を紹介します。

弁護士 金沢幸彦

弁護士 金沢幸彦

プロフィール

  • 北海道札幌市生まれ
  • 千葉県船橋市、大阪府茨木市にて育つ。
  • 大阪明星高等学校卒業
  • 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
    (在学中は登山と野草調理のサークル「早大なべの会」に所属)
  • 中央大学法科大学院修了
    (柏市明原付近に8年間住んでおりました)
  • 都内法律事務所勤務を経て、松戸三岳法律事務所(現:まつさと法律事務所)設立

過去の職歴

裁判所事務官(千葉地方裁判所佐倉支部)
市進学院専任講師(稲毛、検見川、我孫子、江戸川台、土浦の各教室で勤務)

各種活動等(過去の所属も含む)

  • 市民サービス委員会、社会福祉委員会及び高齢者・障害者支援センター各委員(千葉県弁護士会松戸支部)。
  • 東京弁護士会倒産法部会
  • 東京弁護士会憲法問題対策センター(高校や中学への「憲法出前講座」を担当。訪問校は、慶應中等部、駒沢女子高、東京都立小山台高校、調布市立調布中学校など)
  • 東京ひまわり隊(東京弁護士会の三陸被災地訪問ボランティア)
  • 中央大学法科大学院講師(2014年度まで)
  • 東日本大震災による原発事故被災者支援弁護団

都立小山台高校定時制での出前講義

岩手県大槌町でのボランティア活動

大学院、法律専門学校での講義・ゼミ

ごあいさつ

はじめまして、弁護士の金沢です。このたびは慣れ親しんだ千葉県東葛地区で、事務所を開業いたしました。
私は、法律や裁判制度は、市民にとって利用しやすいものでなければならないと思っています。
人生の中では、不本意にも法的トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。そんなとき、みなさんに法律や裁判制度をうまく利用していただくことにより、トラブルを根本的に解決するために、私たち弁護士がいるのです。
私が心がけていることは次の通りです。

1.わかりやすい説明をします。
私は人にものを教えることが好きです。数年間プロの塾講師を本業としていたばかりでなく、現在では大学・専門学校や市民講座などで法律を教えています。ご相談にいらした皆様には、難解な法律用語はなるべく使わずに、わかりやすく端的な言葉で法律を語ります。説明のわかりやすさには自信があります。
2.弁護士が独走することはしません
事件解決の主人公は皆様自身です。その皆様と共に、いわば「共演」して事件を解決してゆくのが私のスタンスです。もちろん法律の専門家として客観的な見通しなどは冷静に提示しますが、皆様と、とことん話し合って納得していただいたうえで、手続きを進めていきます。
3.明朗会計を実現します
当然のことですが、「最終的にどのくらい経費がかかるのか不安」なままでは、弁護士に事件を依頼していても不安が解消しません。そのような、しなくても済む心配をしないですむように、徹底した明朗会計を実現します。

私はそんな弁護士ですが、お気軽にご相談に来てください。一人でも多くの方が、ご相談にみえて、私と「共演」して法的紛争を解決して、重苦しい心配事から解放されますように!私も最新の法的知識を常に吸収し続けて、日々自分を磨いて精進してゆくつもりです。お待ちしております。

▲ページトップへ