よくあるご質問

費用について

弁護士に払うお金にはどのような種類のものがあるのですか?

1)法律相談料、2)着手金、3)報酬金、4)実費があります。詳しくは、「費用の目安」のページをご参照ください。

弁護士費用の見積もりを求めることはできますか?

できます。ご来所して法律相談を受けていただいたうえ(初回一律30分まで無料)、お気軽にお申し付けください。お見積りをいたします(後日すみやかに、メール・郵便等の方法でお送りします)。

クレジットカードでの支払いはできますか?

当事務所ではクレジットカードでの支払いは受け付けておりません。

分割払いなどはできますか?

原則として全額払いですが、ご相談に応じて分割払いにすることも可能です。

法律相談は予定時間を過ぎると追加料金が発生しますか?

法律相談は初回相談に限り、30分まで一律無料です。二回目以降の相談(及び初回相談で30分を超える場合には、超えた部分のみにつき)は30分まで5250円(税込)となりますが、30分を少しでも超えれば追加料金を請求する…という杓子定規なことはいたしません。時間が多少延びる場合でも、常識的な範囲では追加料金を請求しません。「これ以上は追加料金が発生する」という場合には、その場ではっきりとお知らせします。ご安心ください。

支払いの面で苦しく、依頼したいことがあるけど頼めない状況です。あまり知られていないお得な制度や措置などはないでしょうか?

法テラスという公的機関(http://www.houterasu.or.jp/)が弁護士費用の立て替え等を行っています。当事務所の弁護士は法テラスと契約している弁護士ですので、費用等でお困りの際はご相談ください。

業務について

時間がないので、電話かメールで相談をしたい。

残念ですが、法律相談はご来所いただいたうえ弁護士と直接面談する方式で行います(夜間休日相談をご利用ください)。電話やメールだと情報が断片的で、また誤解を生じやすく、責任ある回答ができないためです。もっとも事件を弁護士が受任した後のご連絡などには、メールや電話を使用する場合が多いです。

平日は毎日勤務しているため、平日夜間や土日しかまとまった時間がとれません。平日夜間や土日に相談することはできますか?

できます(応相談)。ただし弁護士の予定とすり合わせが必要になります。なるべくご要望に応えられるよう柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。お電話やお問合せフォームをご利用ください(ご希望の夜間または土日の日時(時間帯も)を複数候補挙げていただくとスムーズです)。

問題が起きる前に相談することはできますか?

できます。むしろ何か問題が起きる前にご相談いただくことを、奨励いたします。問題が起きたときに備えたアドバイスを差し上げることができるでしょう。

警察に行ったほうがよいケースと弁護士に相談したほうがいいケースの境目、違いが分かりません。

一般に、暴力をふるわれたり、金品を奪われたりといった犯罪被害者になってしまったようなケースは、まずは警察ということになるでしょう。しかし、その見分けがつかない場合には、まずは当事務所にご相談ください。ご相談のうえ、警察に行ったほうがよいと判断すれば、そのようにアドバイスします。

法律問題以外の相談はできないでしょうか?

じつは、ご自分の抱えている問題が法律問題なのかどうか?の判断は難しいのです。まずは当事務所にご相談ください。そのうえで法律問題でないと判断すれば、そのようにアドバイスします。

どのような事件でも受けてくれますか?

もちろん、すべての法律相談は親身に行いますが、ある事件を受任するかどうかは弁護士は自由に判断することができます(ここが医師とは違うところです)。弁護士の判断で事件をお受けしない場合もありますので、その旨ご承知おきください。

顧問契約をすると具体的に何をしてくれますか?

法人の皆様には特におすすめをいたします。一定額の顧問料を毎月お支払いいただくことにより、すみやかに、日常的に生じる法律問題についての相談にお答えしたり、助言を差し上げたりすることができます(それも、面談・メール・電話の各方法でタイムリーに行えます)。契約書の文面の解釈や作定、契約上のトラブル防止策やトラブル解決策のアドバイスなど、できることは多岐にわたります。ただし、訴訟を提起するなど、具体的な事件を受任する場合にはその都度委任契約を締結することになります。

社員研修や講演会の講師を依頼したい。

可能です。弁護士金沢は、大学院や専門学校などで法律学をわかりやすく教えてきた経験が豊富です。皆様のニーズに合わせた講義講演を行うことができます。ご依頼の際は、お電話か問い合わせフォームよりお問い合わせください。

▲ページトップへ